【イチケイのカラス】2話のあらすじネタバレと感想のまとめ!セリフにも注目したいドラマ!

2021年4月12日、イチケイのカラス2話が放送されました。
そのあらすじ、ネタバレ、感想を箇条書きでまとめましたのでご覧ください。

★その他のおすすめドラマ記事★
【大豆田とわ子と三人の元夫】1話のあらすじネタバレ!原作はあるの?
【恋はdeepに】原作は?1話のあらすじネタバレは?感想は?
【桜の塔】原作は?1話のあらすじネタバレ!主題歌も話題になってますね♪
【青天を衝け】10話の視聴率とあらすじネタバレ!箇条書きで要約
【イチケイのカラス】第3話のあらすじネタバレと感想のまとめ!犯人は意外なあの人…

イチケイのカラス2話のあらすじとネタバレ

2話のあらすじ

・みちお(竹野内豊)たち地裁チームと、地検チームが草野球の試合をすることになった

・地検チームには甲子園出場経験もある井出(山崎育三郎)もいる

・試合は地検チーム有利に進み、シーンは2打席連続ランニングホームランの井出をと投手みちおの対決へ

・坂間(黒木華)はみちおに敬遠を勧める

・しかしみちおは「0.1%でも可能性があるなら」と勝負にいく

・みちおの、魂を込めた全力の一球が放たれる

・結果はデッドボール

・地検チームは「わざとだ」と騒ぐ

・その夜、坂間は最高裁判所判事・日高(草刈民代)から呼び出され、パーティーに出席

・最高裁事務総局の事務総長・香田健一郎も同席していた、もしみちおが問題を起こすようなら人事局にあげるよう依頼

番組公式ページはこちら

2話のネタバレ

・イチケイの部長・駒沢(小日向文世)は、1審で有罪判決が下された人気料理研究家・深瀬瑤子(前田敦子)の幼児虐待事件を合議制にすることを決める

・幼児虐待事件の内容は、当時1歳半の長女・詩織が泣き止まなかったため激しく揺さぶりケガを負わせ、2年6か月の有罪判決を受けたというもの

・だが瑤子は判決を不服として控訴

・高裁はそれを地裁に差し戻した

・第1回公判が始まる

・みちお(竹野内豊)が起訴内容を確認すると、瑤子は否認

・足達医師は長女に対し、乳幼児の頭を強く揺さぶることで起きる「揺さぶられっこ症候群/SBS(Shaken Baby Syndrome)」と診断している

・落下でもSBSに似た症状になると主張する土屋弁護士(西尾まり)に対し、足達医師は「10人の専門医がいたら10人同じことを言う」と回答

・みちおは実際に10人の専門医を呼ぶ

・今回の件について医師たちに話合わせた結果、事件当日3日前までに受けた外傷が原因になっている可能性があるとの結論が出た

・事件の真相はまだわからない

・坂間はこの事件を降りたがっていた

・坂間に対しみちおは「裁判官は真実を知っている被告人に判決を言い渡さなければいけない。僕たちは人を裁いているようだけど、実は裁かれている」と言い、坂間は言いくるめられて降りることができない

・別の日駒沢はみちおが取り寄せた「被疑者ノート(被告人の記録)」を坂間に渡す

・その中には瑤子の真実がつづられていた

・最初の裁判で瑤子は送検中に笑顔を浮かべたためひどい中傷を受けていた

・しかし実際は、その時に聞こえた誰かの着信音が長女・詩織の好きな曲だったことから、詩織のことを思い出してつい笑顔になっただけだった

・差し戻し公判にシーンは移る

・保育士・小野田祥子が証言をする

・祥子は瑤子の夫・啓介の会社にある託児所の保育士

・何度か詩織を預けたことがあった

・実は祥子は瑤子の夫・啓介の元交際相手でもある

・事件の3日前、保育所で詩織を預かったが、ケガはしなかったと祥子は証言

・土屋弁護士は、祥子が瑤子についての誹謗中傷をSNSに投稿していた証拠を提示し、祥子が虐待をしたと疑う

・祥子「私は虐待していない」

・実は詩織を預かった日に祥子には微熱があった

・そのため祥子は詩織をかかりつけの病院に連れて行った

・診察の時間はいつもより長めだったとのこと

・なんと、その診察をした医師こそ、SBSの診断を出した足達だった

・みちおは、足達を証人喚問することに決める。

・足達は出張でベルリンに立つところだったが、ぎりぎりのところで間に合い証人喚問することができた

・足達を呼んだ裁判で次のことが判明する

・事件の3日前、微熱で診察に来ていた詩織は、足達が目を離した隙にベッドから落ちた

・すぐに診察したが問題ないと判断

・その3日後に、急性硬膜下血腫で緊急搬送された詩織

・足達は落下させたときのことが気になったが、母親が育児うつ状態であるためSBSの可能性が高いと判断し、SBSと診断

・しかし、母である被告が無罪を強く主張していたため、SBSではなく、やはり自分が原因なのかと考え始める

・足達がベルリンに行こうとしたのはSBSの権威である恩師に詩織のケースについて意見を求めるためだった

・詳しく調べたところ、結果はやはりSBSではなく、やはり落下の外傷が原因だったとのこと

・瑤子は無罪となった

・最初の判決から2年が経過しており、瑤子が詩織と会うのは2年ぶりだった

・しかし、詩織は洋子がいつも歌ってくれていた歌を覚えていた

イチケイのカラス第2話の感想

★その他のおすすめドラマ記事★
【大豆田とわ子と三人の元夫】1話のあらすじネタバレ!原作はあるの?
【恋はdeepに】原作は?1話のあらすじネタバレは?感想は?
【桜の塔】原作は?1話のあらすじネタバレ!主題歌も話題になってますね♪
【青天を衝け】10話の視聴率とあらすじネタバレ!箇条書きで要約
【イチケイのカラス】第3話のあらすじネタバレと感想のまとめ!犯人は意外なあの人…

みどころ

要所要所で出てくるセリフにも考えさせられるものがあり、つい引き込まれてしまいました。
「裁判官は真実を知っている被告人に判決を言い渡さなければいけない。僕たちは人を裁いているようだけど、実は裁かれている」
「裁判官だって間違える。いちばんやっちゃいけないのは間違いを認めないことだ」
「すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される」
といったセリフには裁判官ではない私も考えさせられるものがありました。

視聴者の声

Twitterで視聴者の声を集めてみました。

イチケイのカラス、素晴らしい。前田敦子さん、良かったよ。見直しました。泣いてしまった。

イチケイのカラス面白い。
みちおが飲んでた飲み物が気になる。

イチケイのカラス第2話、視聴!。
無罪になるだろうなってわかっていたけど、まさか医師が診察台から落としてしまったとは。
確かに医者が毎回正しいことを言うわけではないからね。

キャストの演技や、ドラマの小ネタ、ストーリーの予想で楽しむ人の声を紹介しました。

イチケイのカラスを見逃した!

今回の放送はFODで観ることができます。

FODでは現在トライアルが2週間もついていますので、期間内であれば無料で閲覧することも可能です!

他にも
『コード・ブルー』『リッチマン、プアウーマン』『昼顔』といった名作ドラマ、『君の名は。』といった名作映画、さらには100誌以上の雑誌まで全部見ることができてとても便利です♪

【FODプレミアム】公式サイトはこちら!

FODの魅力についてまとめたましたので、あわせてご覧ください。
【イチケイのカラス】見逃しを動画で!無料視聴の方法も紹介♪

人気ブログランキングに参加しています♪
この記事が面白いと思っていただけたなら、ポチっとしていただけると嬉しいです!
人気ブログランキングへ

最新情報をチェックしよう!