だらだらスマホの問題点&対策まとめ!やめたい人必見!【あさイチ】

2021年5月17日放送の「あさイチ」の「脱!だらだらスマホ 物忘れ改善&朝もスッキリSP」にて、だらだらスマホの問題点と対策(やめ方)について紹介されました!

この記事ではだらだらスマホをやめたい&やめさせたい人のために、その問題とやめ方の大事なポイントをシンプルにまとめましたのでぜひご覧ください♪

★その他のおすすめ記事★
【林修の今でしょ講座】コーヒーの効果まとめ!シミ防止・血流改善・etc…
【林修の今でしょ講座】紅茶の効果まとめ!虫歯口臭予防・記憶力アップ・etc…
【林修の今でしょ講座】ココアの効果まとめ!筋肉アップ・体重減少・etc…

だらだらスマホって何?

だらだらスマホとは

スマホで何か調べものしたり、SNSにアクセスしたりということは誰にでもあると思います。
そういった使い方に問題はありません。
しかし、そのついでに惰性で長時間スマホを使ってしまうことを「だらだらスマホ」といいます。

例えば、
1)SNSをだらだらと見続けてしまう

2)空き時間のたびゲームをしてしまう

3)LINEなどの通知が来たらすぐにスマホを開いてしまう

4)LINE等で必要な返信を終えてもスマホの操作を続ける

といった行動をとってしまう方は、だらだらスマホが習慣になっているかもしれません。

特に、1日5時間以上スマホを見ている方は要注意です。

なお、自分が一日にどれくらいスマホを見ているかを知るには、
iPhoneユーザー:「設定」 ⇒ スクリーンタイム
Androidユーザー:「設定」 ⇒ Digital Wellbeing
を確認すると良いでしょう

だらだらスマホの問題点

物忘れがひどくなる

脳神経外科医の奥村歩先生によると、スマホの使い過ぎによって物忘れのがひどくなることがあるようです。

例えば、
・人の名前が浮かばない
・漢字を思い出せない
・ものを置いた場所を思い出せない
といったことに心当たりがある方は、スマホの使い過ぎがその一因になっている可能性があります。

スマホを長時間使用していた人の脳をスキャンしたところ、正常な脳と比べて、脳の広い部分で血流量が減っていることがわかったそうです。
そしてこのような状態が続くと、認知症になるリスクが2倍以上になると奥村医師は言われていました。

不眠・睡眠効率悪化

医師の梶本修身先生によると、寝る直前のスマホの使用は、スマホから受ける刺激により、脳が活性化されるため寝つきや睡眠効率が悪くなるとのことです。

興味のある情報にたった0.3秒触れただけでも、交感神経が刺激され、脳が興奮状態になるとのこと。
しかも、その状態からリラックスした状態に戻るまでには30分ほどかかるとのことです。

他にも、寝る前のスマホはシワやシミにつながるという研究もあるそうです。
なので、できれば寝る直前はスマホを見ないように心がけたいですね。

脳の疲労

スマホを使い続けることで、文字や画像といった情報がどんどん頭に入ってきます。

すると脳は疲労してしまうとのこと。

脳が疲労してしまうと、脳の機能が低下してしまい、思い出す力が弱まってしまうとのことでうs。

だらだらスマホのやめ方・対策

だらだらスマホのやめ方・スマホ依存の対策

スマホと脳の関係に詳しい早稲田大学の枝川義邦教授はによると、だらだらスマホやスマホ依存になってしまう原因は、脳は基本的に新しい刺激を求める性質にあるとのこと。

スマホで新しい情報を得ることで、ドーパミンが脳内で放出され、中毒のようになっているとのことです。

これは脳の自然な機能ですが、それでもスマホ依存を治すために、枝川先生は次の方法を教えてくれました。

1)画面をモノクロにする
画面がカラフルだと「楽しい」という感情が生まれてしまうため、あえてモノクロにすることで無味乾燥にしてやるということです。
モノクロが難しい場合には、「画面の明るさを下げる」という方法でも良いとのこと。

2)スマホを開きにくくする
脳は面倒を嫌うため、スマホを開くのに時間がかかるようになると、スマホ依存を解消するきっかけになるかもしれません。
例えば、スマホをカバンの奥へしまったり画面を開くのにパスワード入力を必須にしたりすることで、スマホをいじれるようになるのにひと手間が必要となります。

3)スマホの通知設定を見直す
通知が来ると、ついスマホを見てしまいますよね。
そしてそのままスマホをいじってしまうことも。

なので、スマホを開く機会を減らすために、通知を極力オフにするという方法も有効です。
例えば、LINE等の急ぎで開く必要があるアプリ以外は、全て非通知にするというのも一つの手ですね。

4)その他
・刺激的・攻撃的な言葉が並ぶことの多いネットニュースのコメント欄は見ない
・短くまとめられたネットニュースばかりを見ない
というのも、スマホから離れる方法として有効だと枝川先生が言われていました。

脳のゴミ屋敷掃除法

スマホの長時間利用によって、脳が莫大な情報にさらされてしまった際に、脳の疲れを取る方法として有効な方法です。

具体的な脳のお掃除方法として紹介されたのは次の3つです。
1)15分程度の体操
散歩やサイクリングなどの規則的な運動は、脳の機能を高めてくれるとのこと

2)皿洗い等の無心になれる作業
家事のように無心で取り組めるものは脳のお掃除方法として有効とのこと

3)5分ぼーっとする
ぼーっとすることで、脳の「デフォルトモードネットワーク」という神経機能が働き、脳をリフレッシュしてくれるとのことです。
ぼーっとする際には、リラックスできる姿勢で、目を閉じずにただぼーっとすると良いそうですよ。

★その他のおすすめ美容記事★
【めざましどようび】便利で安い宅食サービスのまとめ!【わんまいる・ナッシュ】
カックスで小杉さんが大変身?薄毛隠しスプレーCAX取り寄せ情報などまとめ【ホンマでっかTV】
【林修の今でしょ講座】眠り方最新研究まとめ!【寝る前の行動・睡眠アイテム・朝の行動】

お家でできるエクササイズ

脳や健康や美容のために、自宅でできるエクササイズを探されている方におすすめなのが、オンラインヨガの「YOGATIVE~ヨガティブ~」です。
自宅でできるにも関わらず、個別指導をしてもらえるため、自分のレベルにあったヨガを身につけることができます。
ヨガは有酸素運動なので脳にもとっても良い効果がありますが、なかなかヨガ教室に通うことが難しい方へお勧めのサービスです。

興味のある方はぜひ公式ページへ!
YOGATIVE~ヨガティブ~の公式ページはこちら



まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

いかがでしたでしょうか?
スマホはとても便利ですが、依存しすぎると良くなく影響が出てしまいます。
なので良い付き合い方を意識して、「依存しすぎかな?」と思う方はぜひ対策をお試しください!


人気ブログランキングに参加しています♪
ポチっとしていただけると嬉しいです!
人気ブログランキングへ

最新情報をチェックしよう!