100分de名著おすすめバックナンバーを要約!【伊勢物語】

伊勢物語は平安時代に成立した歌物語です。
主人公は実在の人物である在原業平をモデルとしたといわれています。

伊勢物語はただの古典ではなく、現代人にとっても「華麗でみやびなふるまい」「相手の心に寄り添うやさしさ」「女性にも男性にも魅力的な律儀さ」といった「人間力」を学べること教科書でもあります。

100分de名著の中では、そんな伊勢物語の魅力が新しい角度から紹介されていたので、まとめてみました。

2020年11月に放送された100分de名著で『伊勢物語』について紹介されました!
週に1回・4週間にわたり『伊勢物語』をテーマに放送されていましたので、そのエッセンスを各回ごとに要約してみました。

 

第1回「みやび」を体現する男

1)平安初期を代表する在原業平は、世が世なら天皇にもなりえた血筋を持つ貴族ですが、権力の階段からこぼれ落ちた

2)そんな彼のエネルギーは全て女性への愛と歌に注ぎ込まれた

3)その中で業平は華麗なふるまいと絶妙な和歌で女性の心をつかんでいく

4)伊勢物語を読むことで、彼が体現する「みやび」さを学ぶことができる

第2回愛の教科書、恋の指南書

1)業平は数々の高貴な女性と恋愛をするが、なぜそれほど女性たちにモテたのか

2)その秘密は業平の和歌を読むことで明らかになる

3)和歌を読むと、一人ひとりの女性の話をよく聞き、その女性が最も幸せになる方法を親身に考え抜いていたことがわかる。

4)決して自分の感情を押し付けるだけではなく、相手のことを考え抜くことこそが、業平がモテた秘訣と言えるかもしれない

第3回男の友情と生き方

1)業平は女性だけではなく、男性にとっても魅力的な存在だった

2)高名な実力者たちも、出世レースからこぼれ落ちた業平と友情を交わす

3)業平が彼らを引き付けた秘密は、業平の謙虚さや正直さだった

4)業平の細やかな共感力は彼らを癒し、励ました

5)業平のふるまいを見ることで、友人や上司との付き合い方を学ぶことができる

第4回歌は人生そのもの

1)業平の歌からは、モテ方や上司の付き合い方以外に、生き抜く知恵も学ぶことができる

2)彼の晩年の和歌は、老いや人生の終わりを覚悟しつつも軽やかな雰囲気がある

3)彼は出世レースから外れつつも、持ち前の和歌の才能や人間力で数々の南極を乗り越えた

4)そんな彼の生き方には、様々な理不尽がある現代における生きる方法を学ぶことができる

まとめ

厳しい出世レースにしろ、資本主義そのものにしろ、競争原理が働くところには必ず勝者と敗者が生まれますよね。
イメージ的に敗者には不幸な末路しか残されていない気がしますが、伊勢物語を読むとそれは誤りだと痛感させられます。
競争原理から離れ、人間力でもって女性からも男性からも愛され、幸せな一生を過ごした業平。
そんな彼の生き方には、私たちが現代社会で生きる方法のヒントを得られると思います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新版 伊勢物語 付現代語訳 (角川ソフィア文庫) [ 石田 穣二 ]
価格:792円(税込、送料無料) (2021/4/11時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伊勢物語 在原業平 恋と誠 (日経プレミアシリーズ) [ 高樹 のぶ子 ]
価格:935円(税込、送料無料) (2021/4/11時点)

楽天で購入

 

 

今回ご紹介の放送映像をU-NEXTで観ることができます。

U-NEXTでは現在無料トライアルが31日ついていますので、期間内であれば無料で閲覧することも可能です!

その他にも大河ドラマや貴重なドキュメンタリー番組、その他名作を全部見ることができてとても便利です♪

U-NEXT【31日無料トライアル】の口コミについてまとめましたので、あわせてご覧ください。
無料トライアルの口コミページ

 

人気ブログランキングに参加しています♪
この記事が面白いと思っていただけたなら、ポチっとしていただけると嬉しいです!
人気ブログランキングへ

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!