CATEGORY

教養

  • 2021年5月4日

【林修の今でしょ講座】勉強になるアニメまとめ!東大生が選ぶランキング!

2021年5月4日放送の林修の今でしょ講座で勉強になるアニメについて紹介されました! 選んだのは東大生500人で、ランキング形式で発表されていました。 気になるランキングとその理由・コメントをまとめてみましたので、観たいアニメを探している方はぜひ参考にしてください♪ ★その他のおすすめ記事★ 【ラヴ […]

  • 2021年4月20日

100分de名著おすすめバックナンバーを要約!【純粋理性批判】

近代哲学の扉を開いた人物ともいわれているイマヌエル・カント(1724 – 1804)。 「ドイツ観念論」や「批判哲学」と呼ばれ、現代を含む後世の哲学に大きな影響を与えました。 純粋理性批判が書かれたのは18世紀のことです。 科学が発展しつつあり、科学が万能であるかのようにささやかれ始めた […]

  • 2021年4月22日

100分de名著おすすめバックナンバーを要約!【共同幻想論】

私たちにとって「国」とは何でしょう? その問いに深く切り込んだ著作が吉本隆明(1924-2012)「共同幻想論」です。 共同幻想という言葉は国の本質を表したものです。 一般的に国家とは、政治的支配者の作る社会を統治するために作り上げる装置のようなイメージですが、吉本隆明はそれは本質的ではないと考えま […]

  • 2021年4月20日

100分de名著おすすめバックナンバーを要約!【モモ】

命には終わりがあります。 寿命というタイムリミットには誰も逆らうことができません。 時間の大切さ、命の大切さを子供にもわかりすく説明してくれる小説、それがミヒャエル・エンデの『モモ』。 90年前の作品ですが、30カ国で翻訳され今もなおその魅力は衰えません。 主人公は劇場の廃墟に住みついた小さな女の子 […]

  • 2021年4月20日

100分de名著おすすめバックナンバーを要約!【ペストの記憶】

この小説は、「ロビンソン・クルーソー」の作者として知られるイギリスの小説家、ダニエル・デフォー(1660-1731)の作品です。 彼は、ロンドンの人口が約2割も減少したペストのパンデミックを体験し、それを小説化しました。 徐々に増えていく死者、爆発的な感染、封鎖された家々、田舎や船舶へ逃げ惑う人々、 […]

  • 2021年4月20日

100分de名著おすすめバックナンバーを要約!【谷崎潤一郎スペシャル】

程度や方向性の違いはありますが、人間には誰しも欲望・妄執・性的倒錯といったドロドロした想念があります。 それらから目をそらしたり蓋をしたりして見ないようにする人もいますが、谷崎は逆にそれらを凝視します。 また、ただそれらを凝視し抗うのではなく、谷崎はその中に「美」を発見します。 そのドロドロした想念 […]

  • 2021年4月20日

100分de名著おすすめバックナンバーを要約!【伊勢物語】

伊勢物語は平安時代に成立した歌物語です。 主人公は実在の人物である在原業平をモデルとしたといわれています。 伊勢物語はただの古典ではなく、現代人にとっても「華麗でみやびなふるまい」「相手の心に寄り添うやさしさ」「女性にも男性にも魅力的な律儀さ」といった「人間力」を学べること教科書でもあります。 10 […]

  • 2021年4月20日

100分de名著おすすめバックナンバーを要約!【ディスタンクシオン】

「ディスタンクシオン」はフランスの社会学者、ピエール・ブルデューの著作です。 20世紀でもっとも重要な社会学の書10冊にも選ばれた名著です。 社会には格差・階級というものがありますが、それはどのようにして生まれるのでしょうか?単に経済的な理由でしょうか? 彼はそうではなく、原因は「卓越化(ディスタン […]

  • 2021年4月20日

100分de名著おすすめバックナンバーを要約!【資本論】

新型コロナウィルスは世界経済に大きなダメージを与えています。 相次ぐ倒産や売り上げの減少等、連日ニュースとなっていますね。 そんな中、19世紀のカール・マルクスの著作『資本論』が多くの人に再評価を受けています。 お金の問題は資本主義が生み出す問題であることも多いですが、その抜本的な解決を図るには「資 […]

  • 2021年4月20日

100分de名著おすすめバックナンバーを要約!【黒い皮膚・白い仮面】

アメリカで起きたジョージ・フロイドさんの事件を契機として、「ブラック・ライブズ・マター」運動が世界中に広がっています。 そんな中、再評価を受けているこの本。 著者は精神科医で黒人フランツ・ファノン氏です。 この本のテーマは、 ・差別とは何か ・差別はどうして生じるのか ・どうすれば乗り越えられるのか […]